菅原雅雪の「光の王国」

アクセスカウンタ

zoom RSS 架空日記127話目(そんなつもりは毛頭ない)できました。見てね。

<<   作成日時 : 2014/11/04 16:45   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 14

五行寓話<街のネズミと田舎のネズミ>

田舎を訪れたときに歓待を受け、新鮮な果物や穀類に感激した街のネズミは、

そのお礼に後日田舎のネズミを街に招待した。とはいえなにしろ貧乏の身、

出せるものはいつものジャンクフード。それでも田舎のネズミはそれを珍しがり

旨そうに食べてくれた。ところが翌朝、田舎のネズミは死んで冷たくなっていた。

世代を重ねて合成添加物に慣れていた街のねずみは、ただ途方に暮れてしまった。


原典は…まぁこれは有名なお話しなので省きます。

貧乏人は安価な大量生産品を食うしかないのですが、

自分が食べている物の正体を全く知らない事に、

時々不安を感じます。

画像

「舞う竜の記憶」についてのご報告です。

現在、こちらでの校正作業が終わったところです。

今月11月17日(月)に正式に電子書籍のサイトがオープンして、

11月23日(日)にコミティアで印刷本が販売される予定だそうです。
画像

冬になると、カボチャの煮つけが食べたくなります。


光の王国上巻-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
突然、世界の夜空から闇が消え、星々で塗りつぶされたようにきらめいた。札幌に住む宇宙が好きな少年・ワタ


楽天市場 by 光の王国上巻-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





光の王国下巻-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
宇宙船に乗り、二度と帰れぬ旅に出たワタル。船内には、世界中から選ばれた人々が集っていた。だが彼らは国


楽天市場 by 光の王国下巻-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
コミティアには菅原先生も来られるのでしょうか?
@bakuchyan
2014/11/06 03:21
bakuchyanさんへの返信

今のところ、その予定はありません。
参加したい気持ちはあるのですが、
ちょっと遠い…(=w=)
菅原雅雪
2014/11/06 12:41
残念です(T_T)
菅原先生にお会いできるチャンス!?と思ったのですが(^.^)
会場へ行って「舞う竜の記憶」印刷本ゲットして参ります!
@bakuchyan
2014/11/06 16:34
bakuchyanさんへの返信
すみません。
もしもbakuchyanさんが何かの用事で
札幌に来ることがあれば、このコメント欄に
書き込んでください。
駅までお迎えに上がりますので、
一緒にお酒でも飲みましょう。
菅原雅雪
2014/11/06 19:33
ありがとうございます!その時は印刷本持って行きますのでサインしてくださいね (^.^)/
@bakuchyan
2014/11/06 19:55
会場に行けないので本、買えないです残念。
通販は…ないですよね…。
未だに光の王国も読めてないですが、これでもファンです。

イベントのスペース番号とサークル名はどうなってますか?
ツイッターを使われてるならまだ、日がありますので
当日まで宣伝されてみてはと思います。
(全く余計なお世話でしたらごめんなさい)
ひっそりファン
2014/11/06 21:26
ひっそりファンさんへの返信

ブログを見てくださって、こうやって
コメントを寄せて頂けるだけでも
ありがたいです。(^v^)
私はコミティアの様なイベントに
参加した事がないので、イマイチ
よく分っていません。
そのうち色々詳しい情報が入って
来ると思うので、その都度また
ご報告します。
菅原雅雪
2014/11/07 00:26
ついに電子書籍の公開日が決まりましたか!
マグネットに登録して探していたのですがなかなか見当たらなかったので嬉しいです!
待ちきれなくて、暁星記を一巻から読み直しています。樹木の表皮の描き込み具合は、何度観ても心が震えます。描き込みの凄い漫画家さんは数あれど、菅原先生ほどの描き込みされる方はいないと思っています。
舞う竜の記憶、心待ちにしています!
かりあげ食堂
2014/11/09 12:45
かりあげ食堂さんへの返信
いつもありがとう。
今でも曉星記についてそのように言って
下さるのはとても有難いです。
苦しみながらも最後まで描いて
本当によかった。
私は基本的に絵は下手ですし
センスもないので、ムダに書き込むしか
ないのです。
それでももっと上達したいと死ぬまで
もがき続けるのでしょうね。(-x-)
菅原雅雪
2014/11/09 19:56
何というご謙遜を!
僕は何百冊も漫画本を所有していますが、繰り返し何度も読む漫画は少ない方でが、暁星記は何十回も読み返しました!特に、書き下ろし二巻分の単行本を読み返すたび、菅原先生の熱を感じ、いつも元気をもらっています。
細部にまでこだわった緻密な描き込みと、登場人物たちの丁寧な描き分けがとても良く対比され、心地よさを感じさえします。このことを多くの人に知ってほしいと願い、色々な場で宣伝させていただいています
かりあげ食堂
2014/11/10 21:06
かりあげ食堂さんへの返信
心から感謝します。
本当にありがとう。
あまり自分を卑下するのは、
かりあげ食堂さんのような方々を
愚弄しかねない事でもあるので、
言い難くもあるのですが、
長年生き続けると自分の未熟さを
感じずにはいられないのです。
でも、本当にありがとう。(^u^)
菅原雅雪
2014/11/11 13:03
かりあげ食堂さんに同意です!
『曉星記』は本当に面白かったです。
読んでいて好奇心を刺激され続けました。
本当は、あと何巻分か続いて欲しかったけれど、書き下ろしで最後まで続けてくださった先生と講談社に感謝です。
基本的に菅原先生の作品は全部好きですが、SFが好きな僕には『曉星記』は今でも特別な作品です。
PS:Kindleにアフタヌーン四季賞のコミックが出てたので、『ホームレンジ』読ませていただきました!
@bakuchyan
2014/11/12 03:09
@bakuchyanさんに同感です。
ヒルコが地獄に落ちた所で連載終了して正直講談社を恨みましたが、書下ろしで1冊どころか3冊も出てあの時は講談社見直しました。もっと多くの人に読んでもらいたいものですね。
奈良のイボタ
2014/11/12 12:57
bakuchyanさんと奈良のイボタさん
への返信
いつもありがとう、本当に感謝します。
「ホームレンジ」読まれちゃったか…
お恥ずかしい。(///-o-///)
曉星記を最後まで出せたのは、
当時編集局長をされていた工富さんの
お陰です。もうお亡くなりになって
しまいましたが…。
遅筆の私ではもう雑誌の連載はできませんが、
これからも創作活動は続けていきます。
今後ともよろしくお願いします。(^o^)/
菅原雅雪
2014/11/12 14:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
架空日記127話目(そんなつもりは毛頭ない)できました。見てね。 菅原雅雪の「光の王国」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる