菅原雅雪の「光の王国」

アクセスカウンタ

zoom RSS 架空日記142話目(長老からのご挨拶)できました。見てね。

<<   作成日時 : 2015/03/10 02:51   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

久方ぶりにギックリ腰をやってしまいました。

椅子などから体を起こす度に、普段は感じない自身の重みを

まさに痛感しています。

現在は、だいぶ良くなりました。

長生きしたいとは思わないけど、怪我や病気はしたくないなぁ。
画像
なんか、ベタなネタですいません。

これを腰の痛みでヒーヒー言いながら描きました。
画像
こっちがホントのオチだな。

こういうジジイに憧れるけど、今の時代じゃこの手の大らかさは

もう死滅しちゃいましたね。


五行寓話<オオカミとキツネの争議>

ある日オオカミとキツネが言い争いを始めた。お巡りさんが仲裁をしようと

したが、どうにも埒があかない。そこでお巡りさんはサルの判事に委ねる

事にした。サルの判事が辛抱強く話を聞くと、どうやら二人は物語の中で

オオカミとキツネどちらがより悪党かを言い争っているらしい。サルの判事

は諭すように言った「一番悪いのはお前たちを悪党に仕立てたイソップだ」。

<イソップ寓話第二十五話より>

まさかイソップも二千年以上経って、お前が悪いと言われるとは

思わなかったろうな。

それにしても、繰り返し読み継がれる物語の影響力は絶大ですね。

私にとってはどんな宗教も、たんなる物語の一つに過ぎないのですが、

現在の宗教がらみの混沌とした状況を見るにつけ、その影響力には

呆れ返ります。

ちなみに歌も踊りも物語の一つです。歌はともかく踊りが物語というのは

違和感があるかもしれませんが、踊りとは言葉を持たない生物が自己を

表現するための、最も原初的な物語です。

そこを踏まえて「舞う竜の記憶」を読んで頂けると嬉しいのですが…。
画像


「光の王国」もよろしくお願いします。
http://image.itmedia.co.jp/l/im/ebook/articles/1206/04/l_asa_kodansya_01.jpg
http://image.itmedia.co.jp/l/im/ebook/articles/1206/04/l_asa_kodansya_02.jpg

noteも見てね。https://note.mu/suruato







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
子供と爺様はこう言う事してもテヘペロで許されるので羨ましいですw
@bakuchyan
2015/03/13 22:31
>bakuchyanさん
子供はともかく、ジジイでこれを
やって許される人は羨ましい…。
でも現実には見た事ありません
けどね。
菅原雅雪
2015/03/13 23:45
ギックリ腰は癖になります。
自分もちょくちょく
なった瞬間の声を上げることも出来ないあの痛み
「魔女の一撃」と言う国もあるとか
先生も養生してください
sambofan
2015/03/14 16:54
>sambofanさん
有難うございます。
私も普段から屈む時は前屈みにせず、
又割りのようにして腰に負担をかけないよう
にしていたのですが、ここのところ荷物の整
理などをしていて気が回らなかったようです。
椅子に座りっぱなしなのもいけないんでしょ
うね。それにもう歳だし…。
「魔女の一撃」ってなんか言いえて妙だし、
カッコイイな。
菅原雅雪
2015/03/14 19:25
ご無沙汰しています。
腰は悪化させると大変なのでお大事になさってくださいね。

宗教も物語ですが、あまりにテキストが膨大なので、読み取る側が自分に都合のいいところだけつまみ食いできるからそうなるという話を聞きました。自分のためにだけ神仏を引き合いに出す連中は絶えませんねえ。それこそ罰当たりなことだと思います。
ピカイア
2015/03/16 12:12
>ピカイアさん
お久しぶりです。
人はなんでこんなに物語を求めるのでしょうね。
「SIROBAKO」というアニメで「物語を
必要としない人もいる」と女の子が言ってまし
たが、私は、どんな人だろうと何らかの形で
物語を求めているように思えます。
現実逃避と言われればそれまでなのですが、
現実によって日々の行動を制限される人間に
とって、別の行動可能性を求めるのは当然の
ことにも思えます。人間の脳はただ生きるため
だけにしては複雑で高度過ぎるのです。
物語が「行動可能性」を広げるものであるなら、
行動を制限してしまう宗教という物語は間違っ
ていると、原理的には言わざるをえません。
ただ、人間というものは複雑なもので、
自分の行動原理を何ものか(たとえば宗教)に
委ねることを求める人もいますし、私にもその
気持ちは分かります。
ことほど左様に人間は複雑で、だからこそこれ
ほど多くの物語が生み出されるのでしょうね。
菅原雅雪
2015/03/16 13:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
架空日記142話目(長老からのご挨拶)できました。見てね。 菅原雅雪の「光の王国」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる