菅原雅雪の「光の王国」

アクセスカウンタ

zoom RSS 架空日記144話目(暴かれる純情)できました。見てね。

<<   作成日時 : 2015/03/25 01:10   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

もうすぐ春ですね。

今年は雪が少なく、すでに路上はほとんど雪が消えました。

現在次の作品を構想中なのですが、まだイメージボードや

プロットを組み立てている段階です。

ちょっと変わった幻想ものなので、絵柄をアーサー・ラッカム風に

しようかと考えています。

ただ、今のところ腰が落ち着かない状態が続いているので、

なかなか進みません。

画像
井蛙と書いて、「せいあ」と読みます。

文字通り井の中の蛙のことです。

二条市場はすぐ近くにあるんですけど、結局一度も利用しなかったなぁ。

画像
トオル君と紺子さんをアーサー・ラッカム風に描いてみました。

別に今後こういう展開になるわけじゃないですけどね。

アーサー。ラッカムは、たしか19世紀のイギリスの挿絵画家で、

私が持っている本は「ニーベルンゲンの指輪」です。

好きなんです、昔から。


五行寓話<コウモリとイタチ>

一匹のコウモリが間違ってイタチの巣穴に飛び込んだ。突然のことにイタチは

好物のネズミと勘違い。コウモリは必死にネズミじゃないと羽を広げてアピール、

コウモリを知らないイタチは気持ち悪がって追い出してしまった。ところがこの

コウモリ、また別のイタチの巣穴に飛び込み、今度は天敵の鳥と間違われた。

鳥じゃ無いと必死にアピール。イタチは「なんだネズミか」と、食べてしまった。

<イソップ寓話第二十七話より>


コウモリのイメージも、今後もずっと変わらないんだろうな。

画像


「光の王国」もよろしくお願いします。
http://image.itmedia.co.jp/l/im/ebook/articles/1206/04/l_asa_kodansya_01.jpg
http://image.itmedia.co.jp/l/im/ebook/articles/1206/04/l_asa_kodansya_02.jpg

noteも見てね。https://note.mu/suruato




あす楽対応!忌避一番プロ粒剤タイプ 1L入り 激辛ハバネロを追加した強力タイプ登場! 【RCP】【HLS_DU】
キャンペーン365
商品名 強力忌避一番プロ 粒剤タイプ 容 量 1L 成 分 天然鉱石、木タール、ハバネロ、ニーム、ニ

楽天市場 by あす楽対応!忌避一番プロ粒剤タイプ 1L入り 激辛ハバネロを追加した強力タイプ登場! 【RCP】【HLS_DU】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
次回作!!!楽しみです(^^)v
首を長〜〜〜〜〜〜〜〜〜くして待ちます!
トオル君可愛い。紺子さんもまんざらでもなさそう。
トオル君の恋の行方も楽しみですねー!
@bakuchyan
2015/03/25 01:24
>bakuchyanさん
頑張りま〜〜〜〜〜〜〜〜す。
どうなるんでしょうかね、この二人。
私にも分かりません。(~。~)
菅原雅雪
2015/03/25 02:12
アーサー・ラッカム、ベクシンスキ・・・勉強になります。それにしても漫画家さんてすごいですね。プロットとか、もう小説にした方が早いんじゃないかというくらい緻密に書かれていた作家さんがいましたが、先生もそうなんでしょうね。暁星記のような緻密な世界観なら特に。 次作楽しみです。
奈良のイボタ
2015/03/25 21:19
>奈良のイボタさん
違うんですよ、私の場合。
もう適当に描いたネームじゃ誰も相手に
してくれないんです。
悲しくてすいません。
菅原雅雪
2015/03/25 23:08
トオルくん可愛いなぁ。
次回作!楽しみです!
アーサー・ラッカム、いいですよね。グリム童話や不思議の国のアリスなんかの挿絵も描かれていますよね。
アーサー・ラッカム風の紺子さん美しいです。
うわー。楽しみ^ ^

2015/03/30 22:29
>蔀さん
ありがとうございます。
アーサー・ラッカムは憧れですね。
元々私の絵は椛島勝一という昭和初期(多分)の
挿絵画家の影響を受けているのですが、この様な
偉大な先人の作品が、私の様なたいして才能も
センスも無い者にも多大な力を与えてくれます。
何十年、何百年後も残る作品が世界のどこかの
誰かに影響を与え、形を変えて受け継がれる。
これこそが人間という生き物の醍醐味でしょうか。
なんか大袈裟なことを書いてしまいました。
パクリの言い訳と言われたらそれまでなんですけど。
菅原雅雪
2015/03/31 01:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
架空日記144話目(暴かれる純情)できました。見てね。 菅原雅雪の「光の王国」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる