菅原雅雪の「光の王国」

アクセスカウンタ

zoom RSS 架空日記184話目(狼を被った子猫ちゃん)できました。見てね。

<<   作成日時 : 2016/02/23 20:05   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

あと一か月、あと一か月でやっと冬が終わる。

もうすぐ春だ。でも窓の外は吹雪。

画像
まあ猫を被った狼よりはマシ。

何きっかけかよく分かんないけど突然豹変する人って

ホント怖い。

画像
誰も見たことの無い世界を描くなんて思い上がりなんだろうな。

そんな事が出来たとしたら、そりゃ本物の天才。

凡人はせいぜい誰も思いつかなかった組合わせを見つける事くらい。


五行寓話<カラスとクジャク>

ある時カラスがクジャクの羽を拾った。とても綺麗なその羽で身を飾り、その気に

なってクジャクの群に混じってみたが全く相手にされなかった。別のカラスもクジ

ャクの羽を拾い同様に綺麗だと思ったが、羽が風に飛ばされてそのまま忘れた。

又別のカラスはその羽を頭に差して仲間に自慢しチヤホヤされたがいつの間に

か失くし、更に別のカラスは意味も分からず穴に埋め、また更に別のカラスは…

<イソップ寓話第六十九話より>


そういえば、忘れ去られていつまで経っても引き出されたりしない

銀行や郵貯などの預金が結構あるそうですね。

皆さん身に覚えありません?

「光の王国」もよろしくお願いします。
http://image.itmedia.co.jp/l/im/ebook/articles/1206/04/l_asa_kodansya_01.jpg
http://image.itmedia.co.jp/l/im/ebook/articles/1206/04/l_asa_kodansya_02.jpg
noteも見てね。https://note.mu/suruato

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あらーマコちゃんポニーテール。
しかし、なんでみんな仲間内でもお面被ってるの?
@bakuchyan
2016/02/24 01:44
>誰も見たことの無い世界を描くなんて思い上がりなんだろうな。
>凡人はせいぜい誰も思いつかなかった組合わせを見つける事くらい。

大樹に建物?が並び立つ異様。ゾッとするぐらいしびれましたけどね

高校の頃、マーク・トウェインの「人間とは何か」をたまたま、古本屋で手に取りました。
人間の自由意志ってあるのか?人間なんてタンパク質等で出来た機械ではないのか?というアイディアには完全に参りました。
であれば、たとえ天才とて、遺伝子と環境によってもたらされた材料以外、手にしようが無いのではないか?と。
その意味では、人間の創造行為は全て、意識的・無意識的な組合わせ行為そのものなんだと思っています。

なぜ、先生の描く世界が僕をこんなに驚かせ、魅了するのか。
凡人に描けるような世界だったら、きっと魅力を感じていないと思いますよ
ちいさいおっさん
2016/02/24 03:57
>bakutyanさん
なんか面白いかなと思って。
まあ彼らはコロポックルという設定なので、
恥ずかしがりやである事を分かりやすく
表現したつもりです。
洋の東西を問わず小人ってそんなイメージ
ですよね。
菅原雅雪
2016/02/24 14:04
>ちいさいおっさんさん
そうですね、そもそも完全になんの影響も
受けない新しいものを生み出すなんて
不可能なんでしょうね。
最近思うのですが、学校の勉強って
算数でも理科でもすべて歴史教育なんじゃ
ないかって。
ヒトは不死じゃないから世代交代しながら
文明を維持しなきゃならない。
そのためには新世代に過去の知識を受け
継がせなきゃならない訳で。
過去の知識を継承し、現在の文明に依存
し続ける限り、受け継がれた過去の知識に
沿った発想しか生まれないのも当然だね。
菅原雅雪
2016/02/24 14:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
架空日記184話目(狼を被った子猫ちゃん)できました。見てね。 菅原雅雪の「光の王国」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる