宇宙人の進化・・・その7.今回は巨大浮き島生物の座礁です。

ご存知かもしれませんが、大気中に酸素分子が単体で存在するのは、

生物由来以外ほぼ有り得ないそうです。

つまり、大気中に酸素があればその惑星にはほぼ確実に

生物が存在するとゆうことです。

現在、世界中の天文観測所からぞくぞくと系外惑星の発見が報じられていますが、

これは、直接惑星を観測できたわけではなく、その惑星が属する

恒星の自転の微妙なズレや、恒星の手前を惑星が横切る際の

微妙な光量の変化によって、間接的に観測しているのだそうです。

チリのアタカマ砂漠でアルマ計画(干渉計方式の巨大電波望遠鏡)が

着々と完成に向けて進行していますが、

本格的な観測が始まれば、系外惑星からの電波から大気成分の

スペクトル分析によって、酸素を含む大気を持つ系外惑星の発見、

と、報じられる日が来るかもしれません。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック