架空日記156話目(馬上の囚われ姫)できました。見てね。

案の定、韓国はゴネましたね。

しかも登録寸前でのちゃぶ台返し。

この嫌がらせはいつまで続くんだろう?

これとは別の話なのですが、つい先日韓国のベストセラー作家が

三島由紀夫の作品をパクッていたことが発覚しました。

漫画やアニメのみならず小説まで…。

実は、もう20年以上も前に私の初期の読み切り作品を韓国の漫画雑誌が

なんの断りもなく勝手に掲載したことがありました。

講談社が抗議して交渉してくれた結果、後に使用料として五千円ほど

振り込まれましたが。

今更この無断転載についてどうこう言うつもりはありませんが、

その時の不信感はこの数十年減るどころか増えるばかりです。

もうそろそろいい加減にしてほしいんだけど。

画像
コハル、力尽きる。

画像
これも今構想している漫画のイメージボードです。

まだ確定ではありませんが、こんなのが常に睨みをきかせている

世界が舞台になる予定です。


五行寓話<クジャクの訴え>

一羽のクジャクが創造主ゼウスの妻ユノーに向かって抗議していた。

「私は訳もなく怒っているのではありません。私はそんな身勝手で身の程知らず

ではありません。」煌びやかな尾羽をふりふりクジャクは自分の声が鶯よりも

劣っているだの、白鳥はあんなに遠くへ飛んで行けるのに自分が飛べないのは

不公平だのと延々とまくし立てるのだった。その尾羽を自慢げに広げながら…。

<イソップ寓話第三十九話より>


これは自戒を込めて言うのですが、自分の主張ばかりする人って

依存心が強く自立してないんですよね。

「光の王国」もよろしくお願いします。
http://image.itmedia.co.jp/l/im/ebook/articles/1206/04/l_asa_kodansya_01.jpg
http://image.itmedia.co.jp/l/im/ebook/articles/1206/04/l_asa_kodansya_02.jpg

noteも見てね。https://note.mu/suruato


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

@bakuchyan
2015年07月07日 17:27
そんな韓国に手玉に取られた外務官僚や政治家には猛省していただきたいと思う今日この頃。北の拉致問題も同様に振り回されている姿に「仕事しろ!」と叫びたくなります。新作のイメージボード、僕は「ミジンコ」を連想しました。一つ目の顔とか、箒のような手とか(^^)
菅原雅雪
2015年07月07日 19:29
>bakughyanさん
さすがにあそこまで卑怯な事を
されたら目も覚めるでしょう…多分。

ミジンコは全く頭に無かったなぁ。
そう言われればちょっと似てるかも。


奈良のイボタ
2015年07月09日 21:34
五千円・・・原稿一枚分じゃないんだから・・・。あの国は本当たち悪いですね。○クザ顔負けの連中もいるし。ヘイトスピーチは肯定しませんが実際僕も韓国人の若い連中に馬鹿にされたこともあるんで、印象悪いです。国民性・・・なんですかねぇ。
菅原雅雪
2015年07月09日 23:40
>奈良のイボタさん
どうも韓国人はどっちが上か下かを
ハッキリさせないと気が済まないようで、
上になるためならどんな卑怯な事でも
平気でするようですね。
しかも分が悪くなると、途端に弱者の
仮面を被って同情を買おうとする。
こういうタチの悪い人は韓国人に限らず
何処にでもいるとは思うけど、
これが民族全体の気質かと思うと
ゾッとします。
個人的には一切関わりたくないなぁ。

それにしても災難でしたね。(>x<)


舞う竜の記憶
2015年07月11日 20:33
菅原先生こんばんは、「舞う竜の記憶」読みました!恐竜好きの私にはおもしろい話(!)でしたが、少々駆け足というか、連載前の読み切りっぽい完結した感じがしたので、もう少し続き(物語の前後)が読みたいと思ったというのが率直な感想でした!それから菅原先生の絵はとても細密ですばらしいと思うので、次回作はもう少し大判サイズで読みたいと思いました。というわけで次回作も楽しみにしてます!
菅原雅雪
2015年07月11日 23:28
>舞う竜の記憶さん
…なんか変な感じだな。自分にコメント
してるみたいな…。
全くその通りですね。自分でもあっさり
している感は否めないなぁと思います。
言い訳をさせてもらえば、編集社から
原稿料をもらって描いた作品ではないので、
無収入のままクオリティを維持するには
100ページが限界でした。
その上でストーリーを壊す事無く出来うる
限り無駄を省く事に苦心惨憺したものです。

とりあえず喜んで頂けたようで、本当に
有難うございました。
これからもよろしくね。
2015年07月14日 00:53
迷いを振り切り初コメント残させてもらいました(´ω`*)
こんなにドキドキしてるのは久しぶりです(汗)
実は…ここの所ずっと気持ちが落ちてたんです。
でもここに辿りつけてブログを読んでいたら、気分転換出来たのか少し気持ちがスッキリしました((●≧艸≦)

今までの私は余裕が無さ過ぎて、こうじゃなきゃダメなんだって自分のこと縛ってた気がするんです。
でも私は私なわけで誰かの型に惑わされ過ぎていたのかなと思えました^^
本当にありがとうございます(∩_∩)

maki2.co@i.softbank.jp

もし…よかったら少し私の悩み聞いてもらえないでしょうか?あまり友人もいなくて中々意見を聞ける機会がないんです。
迷惑でしたらすみません。このコメント消してしまってください。
菅原雅雪
2015年07月14日 04:11
>はじめましてさん
どうしたの?
私でよければ相手しますよ。
多分上記のメアドにメールしてほしいと
いう事なのかな?
でもごめんね。できればこのブログの
コメントでのやりとりで勘弁して
もらえないでしょうか。
ここでコメントしてくれたら必ず
読みますし、返事もしますので。
これからもよろしくね。

この記事へのトラックバック