テーマ:SF

架空日記75話目(カラスの浅知恵)できました。よかったら見てください。

寒い・・・ 暖かい陽射しが恋しい・・・あ~~こいつらが羨ましい。 それでは架空日記をお楽しみください。子供の頃は金属の物を身に着けていると、 雷様に狙われるというのが常識でしたが、 最近では違うようです。 光の王国-【電子ブック版】電子ブック「楽天kobo」 突然、世界の夜空から闇が消え、星々で塗り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架空日記74話目(保護という名の脅迫)できました。よかったら見てください。

早く次の物語を描きたいのですが、 なかなか今描いている漫画が終わりません。 というより自分でも呆れるほど描くのが遅すぎる。 数少ない、私の作品を待ってくださっている方々には 本当に申し訳ありません。可愛らしさをあざとく描くのはどうにも苦手です。 それでついつい下ネタにはしったり・・・ いけないいけない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架空日記第73話目(里山は涙に濡れて)できました。よかったら見てください。

あ~寒い・・・。 また冬がくるのか。 できることなら冬眠したい。最近、ベテルギウスの急激な膨張が確認されて、 いつ超新星爆発してもおかしくないという情報が、 ネットで流れていたのですが、どうやらガセのようです。 残念です。 今年の11月,アイソン彗星が接近します。 この彗星はかなり大きくて、太陽…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

架空日記72話目(里山のキリングフィールドⅡ)できました。よかったら見てください。

街路樹のナナカマドの実もオレンジ色に染まり、 札幌はすっかり秋っぽくなりました。 でも私の漫画は相変わらず夏のまんまです。最近、草の精たちがさっぱり活躍しないので ちょっと描いてみました。 それでは架空日記をお楽しみください。紺子さん容赦ないです。 光の王国-【電子ブック版】電子ブック「楽天kobo…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

架空日記71話目(里山のキリングフィールド)できました。よかったら見てください。

現在描いている漫画第三話の14ページ目です。最初のコマのロボットみたいなのは重装機兵です。 こんなのも出てきて母船内は大混乱へと陥ってゆきます。 メカ音痴なりに頑張って描いてみました。 今回で現在描いている漫画の紹介は終了させていただきます。 今は最終話を制作している途中ですが、 いかんせん描くのがとても遅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架空日記第70話(カラスは何かを企んでいる)できました。よかったら見てください。

今週も更新が遅れてしまいました、ごめんなさい。 さて、現在描いている漫画第三話の8ページ目です。ついに恐竜と宇宙人の大規模な戦闘が始まります。 なにがどうしてこうなるのかはモロモロ言えませんが。 ・・・なんか、恐竜と宇宙人の戦闘とか書いちゃうと、 すごく安っぽく思われるかもしれませんが、 そこは実際描いた絵…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

架空日記69話目(気まずい邂逅)できました。よかったら見てください。

更新が一日遅れてしまいました。ごめんなさい。 現在描いている漫画第三話の2ページ目です。オビラプトルの子供を食べているのは オルニトミムスです。雑食の恐竜なのですが、 他の恐竜の子供を食べていたかは知りません。 以前、ペリカンがハトを飲み込む衝撃映像を 見たことがありますが、 このようなこともあったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架空日記68話目(もはや針金ハンガーの代名詞)できました。よかったら見てください。

現在描いている漫画第二話の20ページ目です。ご覧のように竜脚類もちょっとですが出てきます。 竜脚類といえば有名な「ディプロドクス」や「ブラキオサウルス」はジュラ紀の恐竜で、 白亜紀には竜脚類は衰退していたと勝手に思っていたのですが、 最近では白亜紀にもサルタサウルスをはじめとする、 ティタノサウルス科の竜脚類が結…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

架空日記67話目(ジェネレーションギャップ!)できました。よかったら見てください。

現在描いている漫画第二話の5ページ目です。 メカティラノ・・・ではありませんが、 こんなのも出てきます。 強化外装を装着したティラノサウルスです。 少々邪道かもしれませんが、 メカゴジラやゾイドシリーズのような機械化的表現が似合うのも、 恐竜の一つの魅力ではないでしょうか。 ん?・・・メカゴジラはち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架空日記66話目(たいていの冒険は迷惑から始まる)できました。よかったら見てください。

今回からは現在描いている漫画の 2話目と3話目から少しだけチョイスして お見せします。 今回は2話目の2ページ目です。恐竜好きならティラノサウルスとトリケラトプスの 戦闘シーンは外せません。 現実に過去の地球でこんな巨大生物が 戦っていたかと思うとワクワクします。 ここは描いていて楽しかった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

架空日記65話目(初めて見ると衝撃的なアレ)できました、よかったら見てください。

現在描いている漫画第一話の最終ページです。 恐ろしげな表情がこの後に起こる 悲劇を予感させます。 いわゆる「引き」というやつです。ちなみに「引き」というのは最終ページだけ やればいいというものではありません。 できる限りすべてのページの最後のコマは次のページの 「引き」であることが理想です。 そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

架空日記64話目(化けマンジュウの化けの皮)できました。よろしかったら見てください。

現在描いている漫画第一話の23ページ目です。 ついに裏の主人公であるティラノサウルスが 動き出しました。 今後、寄生生命体を移植されたこの巨大肉食恐竜が 物語を進めてゆくことになります。 それでは架空日記をお楽しみください。ほとんど雨の降らない日が二か月ほども 続いたのですが、ここ数日雨がいい感じで降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架空日記63話目(夏山の髪結い)できました。よかったら見てください。

現在描いている漫画第一話の22ページ目です、 まあここら辺はセリフを隠したまま見せられても 困りますよね。すいません。 参院選が終わりました。 ほぼ予想通りでしょうか・・・ 私は自民党には入れませんでした。 現在第三局と言われている政党に ちゃんとした野党として機能する、 第二党に育って欲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

架空日記62話目(まんじゅうコワイ)できました。よかったら見てください。

現在描いている漫画第一話の21ページ目です。 本編の主人公であるオビラプトルが 寄生生命体の宿主となってしまいました。 こうして、この喋る恐竜を中心に 物語は進んでゆきます。 でもそれじゃもう恐竜じゃないと思われるかもしれませんが、 実はそこがこの物語のキモとなってゆくのです。 それでは架空日記…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

架空日記61話目(主人公は騎士にジョブチェンジした)できました。よかったら見てください。

現在描いている漫画第一話の20ページ目です。 これで侵略者の真の正体が明らかとなりました。 なぜこのような設定にしたかというと、 無理のないカタチで恐竜を喋らせたかったからです。 喋らせたうえで、ちゃんとした恐竜のドラマを 描いてみたかったのです。 それでは架空日記をお楽しみください。子供のころ、レッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架空日記60話目(白昼の怪異)できました。よかったら見てください。

現在描いている漫画第一話の19ページ目です。 この宇宙人たちの姿がはっきりしました。 ですが、これが彼らの真の正体ではありません。 まあ背中の甲羅のようなものを見れば だいたい想像はつくでしょうが・・・ それでは架空日記をお楽しみください。7月になって暑い日が続いていますが、 なんとか体調も回復して食…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

架空日記59話目(主人公はインパスを唱えた)できました。よかったら見てください。

現在描いている漫画第一話の18ページ目です。 はたして彼らは捕えた恐竜たちを どうするつもりなのか・・・ それでは架空日記をお楽しみください。私のゲーム歴はPS2までなので、 ドラクエはⅧまでしかやってません。 最初にやったのはSFCのⅤです。 主人公が石になっちゃった時はびっくりしました。 感…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巨大浮島生物の座礁が作り出す湿地に脊椎動物の上陸・・・(その8)

私がここで描いている世界は、地球の進化史を参考にしているため、 読んでくださっている方々には、あまり面白くないかもしれません。 私がこの架空世界の思考実験でやってみたかったことは、 最初のデザインにちょっとした変更を加えると、 その後の形態にどのような変化が起こるのかを、 考えてみることでした。 原初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人の進化・・・その7.今回は巨大浮き島生物の座礁です。

ご存知かもしれませんが、大気中に酸素分子が単体で存在するのは、 生物由来以外ほぼ有り得ないそうです。 つまり、大気中に酸素があればその惑星にはほぼ確実に 生物が存在するとゆうことです。 現在、世界中の天文観測所からぞくぞくと系外惑星の発見が報じられていますが、 これは、直接惑星を観測できたわけではなく、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人の進化について考えてみました。その6

私が子供のころ、陸上に最初に上がった両生類といえば、 イクチオステガでした。 でも今では違うようです。 肢は陸へ上がるために進化し、肺は魚の浮き袋から進化した。 というのが昔の常識でした。 でも今では違うのだそうです。 知らないうちに色んなことが変わってゆきますね。 ティラノサウルスには毛が生え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人の進化について考えてみました。(その5)

突然ですが、8月26日は伊藤和也さんがアフガニスタンで亡くなった日です。 私には、同じ日本人とゆう以外何の関係もない方なのですが、 勝手に覚え続けています。 ご冥福をお祈りいたします。 テンセグリティとは、 Tension(張力)とIntegrity(統合)で 「張力の統合」という意味の造語だそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人の進化について考えてみました。(その4)

「円石藻」という小さな植物プランクトンをご存じでしょうか? 同じ地球の生き物とは思えないデザインをしています。 こんな生物が普通に世界中の海に沢山いるのだそうです。 びっくりです。 しかもこの小さな生物が地球規模の気象に影響を与えている のだそうです。 さらにびっくりです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多足安定型知性体の進化における形態の変移について<その2>

私は大学も出ていないただの田舎者です。専門知識などありません。 こんな私が何を言っても説得力がないことは自覚しているのですが、 ただ一つ言えること、・・・いえ、言いたいことがあるのです。 それは、「見た目に美しいと感じるものであるならば、 たとえそれが想像の産物であろうと現実に存在しうる。」とゆうことです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今、描いている漫画を一枚だけ載せてみました。

今、恐竜の漫画をかいています。 兎に角、恐竜とゆうものを一度恰好よく生き生きと描いてみたかったのです。 なるべく現在の学術的事実に沿った絵にしたいとは思うのですが、 なにしろ誰も見たことないものですから、 人によっては、なんだこれ?と思われるかもしれませんね。 でも、ティラノサウルスには毛をはやしたくないん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よくわかんない…

始めたはいいけど、ブログとかツイッターとか、どうもよくわかんない・・・。ただもう、フォローしていただいた方々 のプロフィールを見て、世の中にはすごい人がいるんだなあと。ただただ感心するばかりです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしも宇宙人が・・・

もしも宇宙人が地球に訪れたとしたら、彼らが優れている点は、科学技術だけではないはずです。 その時、地球人が胸を張って、これが地球の文化だと提示できるものはなんでしょう・・・ 芸術しかないのかもしれません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more