テーマ:宇宙人

巨大浮島生物の座礁が作り出す湿地に脊椎動物の上陸・・・(その8)

私がここで描いている世界は、地球の進化史を参考にしているため、 読んでくださっている方々には、あまり面白くないかもしれません。 私がこの架空世界の思考実験でやってみたかったことは、 最初のデザインにちょっとした変更を加えると、 その後の形態にどのような変化が起こるのかを、 考えてみることでした。 原初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人の進化・・・その7.今回は巨大浮き島生物の座礁です。

ご存知かもしれませんが、大気中に酸素分子が単体で存在するのは、 生物由来以外ほぼ有り得ないそうです。 つまり、大気中に酸素があればその惑星にはほぼ確実に 生物が存在するとゆうことです。 現在、世界中の天文観測所からぞくぞくと系外惑星の発見が報じられていますが、 これは、直接惑星を観測できたわけではなく、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人の進化について考えてみました。その6

私が子供のころ、陸上に最初に上がった両生類といえば、 イクチオステガでした。 でも今では違うようです。 肢は陸へ上がるために進化し、肺は魚の浮き袋から進化した。 というのが昔の常識でした。 でも今では違うのだそうです。 知らないうちに色んなことが変わってゆきますね。 ティラノサウルスには毛が生え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人の進化について考えてみました。(その5)

突然ですが、8月26日は伊藤和也さんがアフガニスタンで亡くなった日です。 私には、同じ日本人とゆう以外何の関係もない方なのですが、 勝手に覚え続けています。 ご冥福をお祈りいたします。 テンセグリティとは、 Tension(張力)とIntegrity(統合)で 「張力の統合」という意味の造語だそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人の進化について考えてみました。(その4)

「円石藻」という小さな植物プランクトンをご存じでしょうか? 同じ地球の生き物とは思えないデザインをしています。 こんな生物が普通に世界中の海に沢山いるのだそうです。 びっくりです。 しかもこの小さな生物が地球規模の気象に影響を与えている のだそうです。 さらにびっくりです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多足安定型知性体の進化における形態の変移について<その2>

私は大学も出ていないただの田舎者です。専門知識などありません。 こんな私が何を言っても説得力がないことは自覚しているのですが、 ただ一つ言えること、・・・いえ、言いたいことがあるのです。 それは、「見た目に美しいと感じるものであるならば、 たとえそれが想像の産物であろうと現実に存在しうる。」とゆうことです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more